実家じまいは寂しい|家の解体前後にやるべきこと

実家じまい何をしておくか空家の相続・解体・売却

我々の人生には数々の選択肢がありますが、特に感慨深いのが「実家じまい」の時です。

あの手この手で築かれた家族の歴史の場が、やがて我々の手で解体される瞬間は、喪失感と共に多くの思いが交錯します。

この記事では、生まれ育った家を残す道と、思い出と共に解体を選ぶ道について考えを巡らせます。

そして実家との最後の記憶をどのように残すか、写真アルバムや遺品のリメイクを通じて捉え直す方法を紹介します。

また、実家じまいにはそれなりの費用がかかり、実家がなくなると本籍地の問題も生じます。

これらの情報もまとめ、実家じまいを考える皆さんの一助となれば幸いです。

いずれの選択をされたとしても、実家じまいは人生の大きな転機となるでしょう。

この記事を通じて、寂しい気持ちを抱えながらも、前を向いて歩き出すためのヒントを見つけられますように。

実家じまいは寂しい気持ちになる

実家じまいは大事な節目、記憶と記録を残しておく親元を離れることは、一つの節目であり人生の新たなスタートを意味しますが、それが実家じまいとなると、何とも言えない寂しさが心を覆います。

多くの思い出が詰まった生家を閉じる際には、別れの寂しさと共に、過去との断絶を感じざるを得ません。

家族の歴史が息づく場所に別れを告げる時、人は深い感慨に包まれるものです。

生まれ育った家を残す選択と解体する選択

生まれ育った家をどうするかという選択には、多くの葛藤が伴います。

残すという選択肢だと、物理的な維持管理や相続にまつわる問題が出てくる一方で、解体や売却という選択だと、生家との心の繋がりを手放すことになり、決断は一層困難になります。

世代交代の時に生家と向き合う時、家族にとっては重要な選択となり、一つの節目として記憶に残ることでしょう。

生まれ育った家がなくなる前に記憶を残す

実家じまいを行うにあたり、写真アルバムの作成などで思い出の保存を行うことは価値ある行為です。

  • 各部屋の風景
  • 家族の集まり
  • 笑顔があふれた瞬間

を写真に収めることで、家族の絆と歴史を形に残すことが可能となります。

フォトグラファーの出張撮影サービス

また、愛用していた遺品をリメイクし、新たな形で生家を記憶として引き継ぐ方法もあり、想い出の品を日常生活に活かすことで、心に深く寂しい感情が残るのを和らげることにつながるでしょう。

遺品のリメイクサービス:イヒナブル

実家じまいにかかる費用

業者によって費用は違う、複数の見積もりを取ろう実家じまいにかかる費用は様々です。

家の大きさや状態によって異なるため一概には言えませんが、解体費用、不用品処分の費用、必要に応じて発生する清掃や修繕の費用などが考えられます。

30坪ほどの一般的な家を解体する場合であれば、総額で100~300万円程度かかるでしょう。

地域や業者によっても異なるため、複数の見積もりを取ることが望ましいです。

建物解体の相場・トラブルと解体業者選びサービス比較まとめ

また、新たな住まいへの引っ越し費用も忘れずに計画する必要があります。

実家がなくなると本籍はどうなる?

本籍と住所は異なるもののため、実家を解体して、そこに住所がなくなっても本籍の変更を行う義務はありません

本籍とは戸籍の登録を行う地点を指すもので、戸籍には出生や死亡、婚姻などの家族の経緯が記録されます。

住所が変わっても本籍を変更する必要はありませんが、2024年1月時点では戸籍謄本は本籍のある市役所等でしか取得できないため、相続など戸籍謄本が必要な手続きをする際に不便になります。

本籍地以外で戸籍謄本を取得する4つの方法

そのため、新たな生活の拠点を持つようになった時や住居がなくなる場合には、本籍を変更することが一般的です。

実家がなくなっても、本籍変更の手続きを怠ると後々の行政手続きで不便が生じる可能性があるため、計画的に変更手続きを進めることが重要です。

実家じまいは寂しい気持ちになるまとめ

実家じまいは寂しいもの、新たな一歩を踏み出すきっかけにしよう実家じまいを経験することは多くの感情を伴います。

幼少期の思い出が詰まった場所の閉鎖は、避けがたい寂しさを感じさせるものです。

家を残すか解体するかの決断は個々の状況によって異なりますが、大切な記憶を写真アルバムにして残したり、遺品をリメイクして新たな形で保持するなど、思い出を大切にする方法は多々あります。

実家じまいにはそれなりの費用がかかりますが、適切な計画と手続きによってスムーズに進めることが可能です。

また、実家がなくなった後の本籍地の変更などの手続きにも留意が必要です。

この経験を通して、過去を振り返りつつも、新たな章への一歩を踏み出すきっかけにもなり得るでしょう。

大切なのは心に住む思い出は形を変えても色褪せることなく、いつでも私たちの中に生き続けるということです。

タイトルとURLをコピーしました