家を解体する時、お祓いは自分でできる?方法とデメリット

家の解体時、お祓いは自分でできる? 空家の相続・解体・売却

家を解体する際、お祓いは必要?
自分でお祓いすることはできる?

そんな疑問がありませんか?

お祓いは長い間住んだ家や土地に、お礼と感謝を込めた儀式として日本では昔から受け継がれてきました。

家の解体工事の前に行うお祓いも同じ意味があり、家や土地に宿った魂や気を抜いてあげることのほか、工事の安全祈願の意味も込められています。

この記事では

  • 家を解体する際のお祓いについて
  • お祓いを依頼する場合の相場
  • 自分で行う方法、メリット・デメリット

などを解説します。

ぜひ参考にしてください。

家の解体ではお祓いは絶対にしなければいけない?

お祓いする義務はない、感謝や安全を願うもの家の解体では、お祓いを絶対に行わなければいけないという法的義務はありません。

その理由は以下の3つ。

  • お祓いは神道の儀式で、邪気を払い、神様の加護をいただくことが目的のため
  • 家の解体(=建物を破壊する作業)は邪気が出やすいと考えられたため
  • お祓いにも費用がかかるので、行うかどうかは施主の判断に委ねられる

実際にお祓いをしないで解体工事を行うケースは多くあります。

お祓いの有無によって、工事の安全性や工期に影響があったという話もないため、お祓いを行うかどうかは施主の考え方によります。

解体工事で行われるお祓いの種類

家の解体工事で行われるお祓いの種類は、地域や家族の進行によって異なります。

代表的なお祓いの種類は以下の4つ。

  • 解体清祓(かいたいきよばらい)
  • 井戸祓
  • 樹木祓
  • 魂抜き

解体清祓(かいたいきよばらい)

解体清祓は家の解体工事の前に行うお祓いです。

家には守り神が宿っていると考えられており、解体清祓は守り神にこれまでの感謝と、解体工事への理解と協力を祈願します。

家は家族の思い出が詰まった場所であるため、解体工事には不安や恐怖を感じる人も多くいます。

解体清祓はそうした不安や恐怖を払拭し、工事の安全と無事を祈願する意味もあります。

井戸祓

井戸祓は家の井戸を埋める際に行うお祓いです。

井戸には水の神様が宿っていると考えられており、井戸祓は水の神様に感謝し、井戸を守っていただくためにお祓いを行います。

井戸祓には井戸を埋めた後の地盤沈下や、水質汚染などのトラブルを防ぐ意味もあります。

樹木祓

樹木祓は庭や敷地内の樹木を伐採する際に行うお祓いです。

樹木には神様や精霊が宿っていると考えられており、樹木祓は樹木に感謝し、伐採への理解と協力を祈願します。

樹木祓には伐採後の安全と、伐採した木材の有効活用を祈願する意味もあります。

魂抜き

魂抜きは仏壇や位牌、お墓などから魂を抜くための儀式です。

仏教では仏壇や位牌、お墓には故人の魂が宿っていると考えられており、魂抜きを行うことで故人の魂を成仏させ、残された家族の悲しみを癒やすと考えられています。

家の解体工事に関するお祓いの流れ

用意するお供え物は意外と多い家の解体工事のお祓いの流れについて、以下の2点を解説します。

  • 施主はお供え物を用意
  • 解体清祓の流れ

施主はお供え物(食事・酒・花など)を用意

解体工事のお祓いをする際には、施主がお供え物を用意するのが一般的。

このお供え物は神様に感謝と供養の気持ちを表すものです。

実際のお供え物の内容は地域や宗教によって異なりますが、一般的には以下のようなものがあります。

食事 米、お魚、お肉、野菜などの食品は飢えを防ぎ、解体工事の成功を祈る意味が込められている。
お酒は神聖な飲み物として捧げられ、神社の神職や神々との交流を象徴する。
花や草花は美しさや生命力を表し、神への感謝を示すものとして供えられる。

例えば、白河地方の鹿嶋神社ではお供え物として以下のものを準備するように指定されています。

  1. 米:1升
  2. 酒:1升または2升(箱入りのし付き)
  3. 魚:尾頭付きの魚(大きい魚は1尾、小さい魚は2・3尾)
  4. 海菜:昆布またはわかめ1袋
  5. 野菜:3種類(色どりよく大皿にのる程度)
  6. 果物:3種類(色どりよく大皿にのる程度)
  7. 塩:小皿一杯、水:コップ一杯

鹿嶋神社:みなさまのところへ伺ってのお祓い

お供え物は神社や寺院に確認して適切なものを用意しましょう。

解体清祓の流れ

解体清祓の一般的な流れは以下のとおり。

1.神職の訪問 解体工事前に神職が工事現場を訪れ、解体清祓を行う日程や詳細を調整
2.神職による清め 神職が建物や対象物を清めるための儀式を執り行う。
神職が神々への感謝の意を表す。
3.祝詞の奉納 神職が祝詞を奉納し、神々への祈りや感謝を表す。
※ 神職と関係者がともに祝詞を捧げる場合もあり。
4.お供え物の奉納 施主や関係者は神社や神職に対し、特定の食事・酒、供え物を捧げる。
5.神職の祈り 最後に神職が解体工事の安全と成功を祈願して儀式を終える。

家を解体する際のお祓い費用の相場

相場は数万円~十数万円家を解体する際のお祓い費用の相場は、地域や神社・寺院によって異なります。

一般的には数万円から十数万円程度です。

解体工事のお祓い費用には、

初穂料 神主に支払う謝礼
交通費 神主が自宅に訪問する場合の交通費
お供え物代
(お供え物の準備をお願いする場合)

などが含まれています。

具体的な費用は神社や神職と相談して確認しましょう。

解体清祓だけでなく、井戸祓や樹木祓なども行う場合は費用が増えることがあります。

初穂料の渡し方とのし袋の書き方

初穂料は、初穂料を包んだ「のし袋」を神主に渡します。

のし袋の表書き 水引より上段に「初穂料」と書き、下段には施主の氏名を書く。
中袋の書き方 氏名、住所、連絡先を記入。
のし袋の渡し方 袱紗(ふくさ)に包み、手渡すときに袱紗から取り出す。
両手で丁寧に渡し「初穂料です」と一言添える。
のし袋は百貨店や文房具店などで購入できます。
のし袋は紅白の蝶結びの水引がついているものを使用します。

初穂料を祭壇に奉納する場合は、お祓いが始まる前に渡します。

奉納しない場合は、後で渡してもOK

奉納するかわからない場合は、始まる前に渡しておくのがベターです。
あらかじめ確認しておくとより良いでしょう。

日柄はあまり気にしなくてよい

解体工事の前に行うお祓いでは、日柄はあまり気にしなくてよいです。

解体工事のお祓いは、工事の安全と無事を祈願するものなので、日柄よりもスケジュール調整が重要です。

新築工事の「地鎮祭」や「棟上げ」などは日柄が気にされることが多いですが、解体工事の場合はあまり気にされていません。

家を解体するお祓いを依頼する場所

家を解体するお祓いを依頼する場所は

  • お寺
  • 神社

の2つが一般的です。

家族に縁があったり、氏子・檀家になっている寺社であれば、安心してお祓いを受けることができるでしょう。

縁のない寺社や、近くにある寺社に依頼することも可能です。

家の解体時に自分でお祓いしても良い?

自分でお祓いもできる、事前によく相談しよう家の解体時に自分でお祓いをすることも可能です。

しかし、神主や僧侶にお祓いをしてもらうほうが一般的です。

なぜなら、お祓いは宗教的な儀式なので、神主や僧侶であれば正しい手順・方法で行うことができるからです。

自分で行う方法

自分でお祓いを行う場合は、以下の手順で進めましょう。

  1. 神社や寺院に相談する
  2. お供え物やお祓いの道具を用意する
  3. 解体工事の日の朝、神棚や仏壇の前で、塩や水で祓いを行う
  4. 神棚や仏壇の前にお供え物を備える
  5. 祝詞を唱える
  6. 感謝の気持ちを込め、解体の報告をする

家系や地域の伝統に合った方法でできる

解体工事のお祓いは、宗派や地域によって方法や習慣が異なることがあります。

家系や地域の伝統に合った方法で行うことで、より心からのお祓いを行うことができます。

具体的な方法・手順は、寺社に相談して確認するようにしてください。

費用を削減できる

自分でお祓いを行う場合は、初穂料や交通費がかからないため、費用を削減できる可能性があります。

しかし、費用削減のために誤った方法でお祓いをしてしまっては本末転倒なので、お祓いの方法や手順、必要なものなどは寺社に相談して確認しておきましょう。

家の解体時に自分でお祓いする3つのデメリット

家の解体時に自分でお祓いする場合には、以下の4つのデメリットがあります。

  • 手間がかかる
  • かえって費用がかかることがある
  • 正しくお祓いできたか不安が残る

1.手間がかかる

解体工事のお祓いは神道や仏教の儀式です。

そのため、正しい方法で行うためには

  • お祓いの準備や手順の理解
  • お供え物やお祓いの道具の用意
  • 神棚や仏壇を清める

といったことが必要であり、知識の無い人が行おうとするととても手間がかかってしまいます。

2.かえって費用がかかることがある

家を解体する際のお祓いを自分で行う場合、費用を削減できるケースもあれば、逆に費用がかかるケースもあります。

例えば、

  • お供え物やお祓いの道具が高額になる
  • 寺社に相談する際に、交通費や相談料を支払う
  • お祓いに手間取り、解体工事が遅れ追加費用が発生する

といったことになる可能性もあります。

3.正しくお祓いできたか不安が残る

解体工事のお祓いは宗教的な儀式であるため、

  • お供え物やお祓いの道具
  • 宗教的な教え
  • 神棚や仏壇の清め方

など、細かく注意すべき点が多くあります。

そもそも、解体工事のお祓い自体が安全を祈願して安心を得るための行為ですから、自分でお祓いする方法で不安を感じてしまっては意味がありません。

解体工事のお祓いを自分で行う場合は、事前に寺社によく相談しましょう。

解体工事前に自分でお祓いしても良いが、業者に任せることも一般的

解体工事前のお祓いは、

  • 直接寺社に依頼する
  • 自分でお祓いをする

という方法以外にも、解体業者から寺社に依頼するケースも多くあります。

解体業者にお祓いまでまとめて依頼する場合は、

  • 信頼できる業者を選ぶこと
  • 事前にお祓いの費用や内容を確認すること

に注意しましょう。

トラブルを防ぐ解体業者選びサービスを比較

家を解体する時、お祓いは自分でできる?まとめ

家を解体する時のお祓いは自分で行うこともできます。

しかし、宗教的な儀式であるため、正しい方法でお祓いするために神社や寺院に依頼することが多いです。

自分でお祓いをする場合には、まず寺社に相談し、必要なものやお祓いの方法などをよく確認しましょう。

タイトルとURLをコピーしました